Smart Glass

透明なガラスが大規模モニターのメディアになる

大規模メディアになるLEDパネルSmart Glassとは?

透明なガラスにグラフィックや映像を映し出せる最先端のメディアです。
ビルなどの建築物に取付けることで、ガラスとしての透明性を保ったまま大規模なモニターとしてつかえます。
インターネットを介して大規模なIoTにも活用できたり、センサーなどを使うことで一方通行ではなく双方向のコミュニケーションが可能になるなど、アイディア次第で様々な価値をもたらしてくれます。

Smart Glass概要

設置事例
INSTALLATION CASE

  • atre(アトレ)川崎

  • Daegu KUP

特徴
FEATURES

  • 極めて高い透明度

    極めて高い透明度のモニター
    内蔵されたLED回路が見えないため、完全に透明なガラスの特性はそのままです。
  • 低い熱伝導率

    低い熱伝導率のモニター
    外壁用に制作したSMART GLASSは、熱電灯を大きく減少させ、高い断熱性能を発揮します。
  • 点灯しない時は
    透明なガラスと同じ

    点灯しない時は透明なガラスと同じモニター
    夜にはフルカラーの映像が表現できる一方、昼間には透明なガラスそのままです。
  • アーキテイメント

    極めて高い透明度のモニター
    Architectural Entertainment(建築物エンターテイメント)。SMART GLASSを使って、ビルそのものをビジュアルアート、双方向マルチメディア、広告の媒体として活用できます。
  • 優れた耐久性

    極めて高い透明度のモニター
    SMART GLASSを構成している2枚のガラスは、防弾ガラス制作に使われるレイヤリング技術と似たレジン層によって接合されます。これにより、耐久性が高まり、もしガラスが割れてもレジンにより破片の飛散を防止できます。
  • 変色しない

    低い熱伝導率のモニター
    時間の経過によって変色が起こりうるITOフィルムベース回路と違い、SMART GLASSのガラスに回路をレーザーでエッチングしているため、ガラスに変色が生じません。
  • 多様な機能性

    点灯しない時は透明なガラスと同じモニター
    紫外線カット、遮音、断熱などの特性を追加することが可能となりました。
  • 省スペース

    極めて高い透明度のモニター
    建築用ガラスとメディアファサードを別途設置する場合と違って、2つが統合押されたSMART GLASSは省スペースでの設置が可能です。
    ※建物の表面に照明映像システムを設置して、動的な映像やグラフィックなどを表示しメディアとして活用すること。

なぜSMART GLASSなのか?

ガラス張りの建物にメディア・ファサードを適用する方法は主に

・クラスタータイプ
・バータイプ
・メタルファブリックタイプ

となっています。

どれもガラスとは別の構造物が必要で、そこにLEDを埋め込んで製作するタイプのため、ガラスの透明性が失われます。
また、LEDが空気と湿気に触れるため、寿命が縮み、故障の頻繁に発生します。

クラスタータイプ

大型の機器を設置するためガラス面が遮られ内部からは外を見ることができ、外部の景観もそこなわれます。

  • LEDパネルを設置した建物の内部

    LEDパネルを設置した建物の内部

  • LEDパネルを設置した建物の外観

    LEDパネルを設置した建物の外観

バータイプ

建物内部からの景観が損なわれます。

  • リニア―パネルを設置した建物の内部

    リニア―パネルを設置した建物の内部

  • リニア―パネルを設置した建物の外観

    リニア―パネルを設置した建物の外観

メタルファブリックタイプ

建物内部からの景観が損なわれます。

  • メタルファブリックパネルを設置した建物の内部

    メタルファブリックパネルを設置した建物の内部

  • メタルファブリックパネルを設置した建物の外観

    メタルファブリックパネルを設置した建物の外観

一方、SMART GLASSはガラスの透明誌を100%維持しながら、フルカラーの映像が表現できます。
2枚のガラスの間にLEDが実装されレジンで結合されているので耐久性に優れています。

SMART GLASS

透明性に優れたSMART GLASSは、外部からも内部からも景観が損なわれません。

  • SMART GLASSを設置した建物の外観

    SMART GLASSを設置した建物の内部

  • SMART GLASSを設置した建物の外観

    SMART GLASSを設置した建物の内部

双方向のコミュニケーション

スマートフォン用アプリと連動し、顧客の要望や展示会・イベントの目的に応じて、インタラクション機能を実装するSMART GLASSは、より楽しく特別な経験を提供します。

特に、展示会・イベントでは来場者の視線を引くことができ、公園、公共施設では疎通型のイベントなど様々な用途に活用することができます。

  • モーション認識

    モーション認識
    モーションセンサーや赤外線センサーなどを活用して、SMART GLASSの中に顧客の行動に合わせて動くアバターを表示。
  • モーション連動

    モーション連動
    絵を描くこと、落書き板など、特定アプリで実電する作業をSMART GLASSの画面にミラーリング表示。。
  • リアルタイム伝送

    リアルタイム伝送
    文字メッセージ、写真などをモバイルから送出される一部の機能を、特定アプリとの連動を通じてSMART GLASSに表示
  • ゲームの実演

    ゲームの実演
    風船吹き出し、釣り、だーつなど様々な形で楽しむことができるアーケードゲームの実装
  • タイムイベント

    タイムイベント
    スケジュール機能またはローカルサーバーシステムを活用し、決まった時間に、特定のお客様向けの映像や情報を送出

運営システム

クラウドサーバーシステム

各顧客企業別モニタリング、スケジュール管理、映像変換などの運営支援を遠隔制御を通じて、管理、提供

クラウドサーバーシステム

ローカルサーバーシステム

顧客会社が、必要に応じてコンテンツの変更またはイベント映像の挿入などを現場の運営PCで手軽に接続して対応する方法。

ローカルサーバーシステム