展示会・イベントお役立ち情報

展示会・イベントを成功に導く費用・装飾・運営などに関する情報をご紹介します。

展示会・イベントお役立ち情報
USEFUL INFO

展示会マーケティングのメリットとは?展示会出展のメリットと効果を出すためのポイント

Webでの集客が一般的になってきていますが、オフラインでの集客を検討する企業も少なくはありません。
特にBtoB商材を扱う企業様は展示会への出展を一度は検討されるのではないでしょうか。

今回は展示会出のメリットについて、紹介したいと思います。

出展メリット1.一度に多くの見込顧客に会うことができる

展示会のテーマや規模により様々ですが、来場者が数万単位にのぼる展示会においては、会期中に数百人の方の名刺情報を獲得できます。多くの来場者が一度に集まるのが展示会の特徴のため、「短期間で多くの見込顧客を獲得したい!」という方にはとっても有効な施策です。

展示会の来場者は単なる情報収集を目的としているケースがほとんどですが、中には課題感をもってサービスを探しており、すぐに商談に繋がるケースもあります。一度で多くの見込顧客を獲得できる機会はなかなかないため、比較的単価が高いとされるBtoBサービスにおいては特に有効な施策といえるでしょう。

ただし、出展すれば確実に見込顧客の獲得ができるというわけではありませんので、ブース装飾の工夫や、事前や当日の集客プランはしっかり立ててください。

展示会での集客に関する記事

出展メリット2. 特定のテーマに対して興味がある人に、直接会える

展示会は大きなテーマが決められており、そのテーマに興味のある人が来場する ため、ダイレクトにターゲットとなる人が一斉に集まる場です。

またそういった人と 「直接会える」という点も、展示会の大きなメリットと言えます。

ターゲティングがある程度できる分、出展する展示会の選定がとても重要になります。

展示会出展を考える際は、しっかりと情報収集をしてターゲットに近い人が来場する展示会を選びましょう。

出展メリット3.既存顧客とのリレーション構築

新規営業のためだけでなく、 既存顧客とのコミュニケーションにおいても展示会は有効な施策です。

展示会出展をする際は、既存顧客にも連絡をして展示会出展の告知をしましょう。

「新しいサービスで展示会出展するのでぜひご来場ください」「新機能の使い方を展示会にて紹介します」等、直接コミュニケーションをとり情報提供の場にすることで、リレーション構築になります。

疎遠になっていた顧客にたいしては、最新情報を伝えていくことで、業績が好調であることを印象付けるといった効果もあるでしょう。

出展メリット4.ブランディング、認知拡大、宣伝効果

展示会出展の際は自社ブースへの呼び込みをすることはもちろんですが、たとえブースに来てもらえなかったとしても、展示会出展をすることは企業名や商材名の認知拡大の機会になるでしょう。

認知が拡大しブランドとして認識されることで、営業がしやすくなるでしょう。

展示会の出展効果を出すためのポイント

多くのメリット、効果が見込める展示会ですが、ただ出展すればいいというわけではもちろんありません。出展効果を最大化させるために、以下のポイントに注意して準備をすすめましょう。

展示会出展の目的、目標を設定する

展示会に出展する際に、よくある落とし穴として出展することが目的となり、出展後に振り返りをしても効果が得られたのかどうかさえ曖昧になってしまうケースがあります。

出展の際は「目標:名刺獲得数●●枚」「アポイント数:●●件」など、具体的に数値化できる目標を設定し、出展後には振り返りを行いましょう。

展示会の効果検証に関する記事はコチラ

展示会後は継続的にフォローする

展示会で多くの見込顧客を集めても、すぐに商談に繋がるケースはごくわずかなため、集めたリード(見込顧客)を無駄にしないためにはアフターフォローが重要です。

継続的なフォローを行い、中長期的な成果に繋げましょう。

展示会のアフターフォローに関する記事はコチラ

最後に

展示会にはオフラインだからこそのメリットがたくさんあります。

うまく活用して、新規の営業案件の獲得し、成約率を高め、効果を最大化させていただけたらと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!