展示会・イベントお役立ち情報

展示会・イベントを成功に導く費用・装飾・運営などに関する情報をご紹介します。

お役立ち情報
USEFUL INFO

【展示会ブース装飾業者選び】業者タイプと押さえておきたいポイントは?

【展示会ブース装飾業者選び】業者タイプと押さえておきたいポイントは?

展示会への出展が決まったら、展示会ブースの装飾についての検討が始まりますね。

出展が初めての場合、展示会ブースの装飾業者はどんなところがあるのか、どのように選べばよいか全く見当がつかないでしょう。また、継続して展示会出展をしている企業様は、何度目かの出展タイミングでブース装飾業者の見直しを行うことが多いと思います。ブースデザインは会期中の集客を大きく左右しますし、予算も最もかかる部分であるために、業者選びは慎重に行う必要があります。

展示会のブース装飾の場合“業者”と一言で言っても、様々なタイプがあるのはご存知でしょうか?

今回は展示会ブース装飾の業者タイプと、業者選定の際に抑えておくべきポイントについて、ご紹介したいと思います。

展示会ブース装飾の業者タイプ

企画・プランニング会社

セールスプロモーションやマーケティング支援を行っている企業で、展示会ブースのデザイン・施工だけではなく、企画段階から“パートナー”として協力し、集客手法や中長期的な目線での販促支援を行います。

プランニングに強みを持っているため、 デザインや施工は外注しているケースが多く、その分コストが高くなる傾向があります。

コンパニオンの手配やノベルティ制作等、展示会出展にあたり場合によっては準備するものが多くなることもありますので、全てを委託できる点がメリットです。初めての展示会出展や、戦略的なマーケティングを行いたい場合は、心強いパートナーになります。

デザイン事務所会社

展示会ブースのコンセプトは既にあり、デザインにこだわりたい場合は、デザイン事務所に発注するとビジュアルという面では他社と一線を画す良いブースが出来るでしょう。デザイン事務所と一言で言っても、グラフィックデザインなのか、空間デザインなのか、企業によって得意とする分野が様々なため、HPで実績を確認して 展示会ブースの装飾を受けられるかを確認する必要があります。展示会ブースを制作する際は、建築の知識が必要になりますので、建築という観点で実現可能なデザインを出してくれるかどうかが重要です。

デザイン事務所の場合、展示会ブースの施工は外注となります。

施工専門会社

展示会やイベントブースの装飾を専門に行っている企業です。 工場や倉庫、部材を自社で持っているため、コストを抑えられるという点が大きな強みです。また、専門業者となるため、 経験が豊富で事例も多く、時間のない中での設営も安心して任せることができるでしょう。

良くも悪くも職人気質が強い傾向があるため、“決めてもらえないと動けない”というスタンスはありますが、最近ではブースデザインもあわせて対応できるという企業も増えています。

依頼者側に「展示会ブースをこうしたい」という具体的なイメージがある場合は、コストと品質という面で強みが発揮されるでしょう。

HPを見た際に、“自社で部材/工場/倉庫を保有”などと謳っているところがあれば、コスト面に期待が持てるので、デザインについてはどのあたりから対応してもらえるのか、一度問い合わせてみるといいと思います。

広告代理店

上記のタイプの業者をパートナーとして抱えており、デザインや施工は外注して広告全般について支援する広告代理店。コストは高いですが、対応範囲の広さが強みです。

広告に関する知識、実績は幅広く豊富ですが、基本的には 小規模小間数の案件は対応しないケースが多いです。

展示会ブース装飾の業者選びの際に押さえておくべきポイント

上記のように展示会ブース装飾の業者と一言で言っても、タイプは様々です。

業者選びの際は、インターネットを中心に情報収集をしていくかと思いますが、その際押さえておくべきポイントを紹介したいと思います。

展示会ブース業者選びのポイント1.何社かで比較をしよう

業者によって、予算レンジやデザインタイプは様々ですので、何社かから見積もりをもらって比較する、コンペ形式で業者選びをするといいと思います。

コンペに参加してもらうのは3~4社が一般的です。

業者によっては、コンペフィー(コンペに参加してもらうに当り、業者へ支払う費用)が発生する場合もありますので、事前に確認しましょう。

展示会ブース業者選びのポイント2.業者ごとの予算感を知る

何をするにも、予算感が合わなければ発注はできませんから、 業者に問い合わせをする際にまず予算感を把握しましょう。

業者への問い合わせの仕方としては、以下のような情報を伝えるとスムーズです。
・出展する展示会名と小間数を伝える。
・コンセプトの有り無しを伝える
・どこから(企画、デザイン、施工等)業者に依頼したいのかを伝える。
・予算感がだいたいでも決まっている場合は伝える

最初の問合せ段階で業者が知りたいのは上記のポイントでしょう。
過去の事例をもとに、費用感がわかる資料を出してもらうといいと思います。

「思っていたよりも低コストで立派なブースができそう」
「もうすこし予算を上げればブースのクオリティがぐっとあがる」
「そもそも考えていた予算では、問合せした業者と予算感があわなかった」

等、業者が提示した情報で具体的に見積を出してもらうかを決めます。

展示会ブース業者選びのポイント3.対応力・スタンス

コンペや具体的な提案に入った際は、対応スピードの速さや要望に対するスタンスが合うかどうかを見ていきましょう。提案書で判断できないところですが、展示会ブースの設営まではある程度時間がかかり、その中で業者とのやりとりが多く発生するので、そもそものスタンスが合うかどうかはとても業者選定において重要な判断事項です。

展示会ブース業者選びのポイント4.企画力・デザイン

提案の際はパースと呼ばれるブースの完成予定図を業者が提示します。
大抵3方向から見た際のブースの絵が描かれており、仕上りをイメージすることができます。

パースとは別に、企画書もあると出してもらうと良いです。企画を強みにもっている業者であれば、必ず企画書を元に提案がはじまります。

どのような趣意でそのデザインになったのかという説明を聞くことで、ビジュアルだけでなく、集客やブース内の商談など、展示会会期中のイメージが湧くでしょう。

展示会ブース業者選びのポイント5.コスト

提案内容を吟味し、最終的にはコストが重要な要素となりブース装飾をお願いする業者を決めます。

さほど大きく変わりのないデザインでも、 施工に強い業者は外注の際に生じるマージンを省けるため低コストでの提案が可能になったりと、業者タイプによって費用も様々です。

最後に

展示会ブースの装飾はそれなりに大きな予算を任せることになるので、業者選びは非常に重要ですね。

上記のポイントを押さえたうえで、ベストなパートナーと協業していただけたらと思います。

ちなみに、弊社フレッシュタウンは施工会社として創業30年、最近ではプランニング、デザインも自社で対応しております。部材、倉庫を自社保有しているため、コストを抑えた提案が可能です。
ブース設営でお困りなことがあれば、お気軽にお問合せいただけたらと思います。

展示会ブース装飾についてのお問合せはコチラ

最後までお読みいただきありがとうございました!