展示会・イベントお役立ち情報

展示会・イベントを成功に導く費用・装飾・運営などに関する情報をご紹介します。

お役立ち情報
USEFUL INFO

【2020年4月に全面施行!】受動喫煙対策に必要な屋外喫煙所について知っておくべき4項目をイラスト付きで解説!

屋外喫煙所

近年、市役所、体育館、ゴルフ場、ショッピングセンターなど多くの人が集まる施設の敷地内で屋外喫煙所を見ることが多くなってきました。

国と東京都で受動喫煙対策の法令が成立したのを皮切りに多くの地方自治体でも独自の条例の検討が始まっています。

国と東京都では内容が異なりますが、段階的に適用されていき、東京オリンピックに合わせて2020年4月に全面施行されます。
まだ時間はありますが、直前になると工事が重なり設置が間に合わない状況に陥る可能性があるので、該当する方々は今のうちに対策をしておきましょう。

項目①どんな場所で屋外喫煙所の設置が必要?

学校・病院・児童福祉施設等、行政機関、交通機関(バス、タクシー、航空機)で敷地内に喫煙所を設けたい時に屋外喫煙所の設置が必要になります。

喫煙ブース屋外設置可能

これらの施設では敷地内は禁煙となっていますが、屋外喫煙所を設置すればその中でのみ喫煙ができるようになるためです。

ただし国の法令より厳しい東京都の条例では小学校、中学校、高等学校、保育所、幼稚園は屋外であっても喫煙所の設置ができません
つまり、完全禁煙となっています。

喫煙ブース屋外設置不可

項目②屋外喫煙所の種類とメリット・デメリット

屋外喫煙所を設置する時は大きく分けて開放系と閉鎖系の2種類から選ぶことになります。
それぞれの構造とメリット・デメリットを見ていきましょう。

開放系屋外喫煙所

開放系屋外喫煙所

屋根だけの構造であったり、屋根と一部の囲いの壁があるだけの簡易的な構造です。
特に屋根だけの構造の場合は構造的な受動喫煙抑制はほとんど期待できないため、設置場所に気を付ける必要があります。

メリット

  • 喫煙所が外気と広く接しているため喫煙所内のたばこ煙が気流により速やかに減衰する。

デメリット

気流の影響によりたばこの煙制が屋外喫煙所の外に漏れやすく、建物内にたばこの煙が入ったり、近くを歩く人が受動喫煙してしまう。

  • そのため、設置場所等について十分な検討が必要。
  • 閉鎖系屋外喫煙所

    閉鎖系屋外喫煙所

    屋根と壁で完全に囲われた喫煙所です。
    喫煙所内の空気を屋外に排気する装置(屋外排気装置)や空気清浄機等を使い喫煙所内の環境を管理します。

    メリット

    • 完全に囲われているため気流の影響がほとんどなく、たばこの煙が屋外喫煙所の漏洩を抑制できる。

    デメリット

    • 開放系屋外喫煙所と比べて設置費用がかかる。
    • 喫煙所内のたばこ煙の濃度を管理する必要がある
    • 建築基準法、消防法等の法令について留意が必要

    項目③屋外喫煙所を設置するときの注意点

    開放系屋外喫煙所

    開放系屋外喫煙所の注意点

    【場所】

    たばこの煙が流出しやすいので、可能な限り建物から離して設置しましょう。
    特に、建物の出入り口や窓などの近くに設置するとたばこの煙が建物内に入り受動喫煙してしまう可能性があるので、十分な距離をとりましょう。

    人が多く通る場所も近くを通った人が受動喫煙してしまうことがあるので、避けましょう。

    たばこの煙が風に乗って建物内に入らないように風向きにも注意しましょう。
    風向きがほぼ一定方向である場合では建物のら風下に屋外喫煙所を設置することで煙が建物に入るリスクを低減できます。

    開放系屋外喫煙所の注意点

    【構造】

    壁を設置する場合は上部と下部を開放することで、たばこの煙が喫煙所内に滞留するのを防ぐことができます。
    上部の開放部分を人の身長よりも高くすることで、近くを通った人が受動喫煙してしまうリスクを低減できます。

    閉鎖系屋外喫煙所

    【場所】

    屋外喫煙所の屋外排気装置から排出された空気や出入り口から出てくるたばこの煙が建物に入らないような場所に設置しましょう。
    排出された空気も建物の反対側に排出されるようにしましょう。

    【構造】

    喫煙所内のたばこの煙の漏洩を防ぐために喫煙所内に向かう気流を0.2m/s以上に保ちましょう。

    開放系、閉鎖系共通

    【構造】

    火災予防対策や労務管理のしやすさの観点から屋外喫煙所の内部が見えるような作りにしましょう。
    天井をたばこの煙が排出しやすい形にし、喫煙所内に滞留しないようにしましょう。

    喫煙所の屋根の形について

    項目④屋外喫煙所の価格の目安

    開放系屋外喫煙所

    開放系の屋外喫煙所は本当に簡易のものから、かなりしっかりした構造のものまで幅広くあり、価格は20万円台~230万円程度となります。

    注文する時は価格に施工費が含まれているのかいないのかもしっかりと確認しましょう。

    閉鎖系屋外喫煙所

    閉鎖系屋外喫煙所は開放系より価格が高く80万円~300万円が相場となります。

    こちらも注文する時は価格に施工費が含まれているのかいないのかもしっかりと確認しましょう。

    ※5㎡前後の屋外喫煙所の価格目安です

    チェックポイント

    国や地方自治体の助成金や補助金を使うことで屋外喫煙所設営にかかる費用負担を減らすことができますので、積極的につ擁していきましょう。

    まとめ

    今回の受動喫煙対策の規制が全面施行されても海外の規制に比べると日本はまだまだ緩い状態です。
    例えば日本では会社、ホテルや旅館、飲食店では屋内での喫煙が可能ですが、多くの先進国では屋内では完全禁煙となっています。

    しかし、大切なのは規制ではなく望まない人が受動喫煙しないようにすることです。
    そのためには、それぞれの施設が正しい設備を正しく設置することで受動喫煙のリスクを最小限に抑える必要があります。

    法律や設置工事など普段触れないことが多いとは思いますが、専門家などにアドバイスを受けつつ進めていきましょう。

    弊社でもご相談受け付けております »

    喫煙ブースページはこちらから »

    最後までお読みいただきありがとうございました。

    おすすめの喫煙ブースの関連記事